フィリピン留学CEGA(セガ)というセブ島語学学校の評判や口コミは?

CEGA(CEBU ENGLISH GLOBAL ACADEMY)は、フィリピン・セブ島にあるブライテック大学付属の語学学校です。

 

校舎もブライテック大学のキャンパスの中にあり、講師やスタッフだけでなく、ブライテック大学生と交流しながら英語が学べます。
大学付属校ですから、CEGAの授業にプラスして一部の大学の授業を無料で受講できるという特典もあります。

 

当然その授業はすべて英語で行われますので、リスニングが鍛えられること間違いなしです。

 

また大学主催の学生向けイベントにも参加可能というところも、良いところです。
さらには大学敷地内ですから警備面も万全で、IDチェックやガードマン常駐などでセキュリティを確保しているとのことです。

 

口コミ評価としては、上記の点を良かった点としてあげている人が多いです。
そしてここは2013年開講の新しい学校なのですが、そのせいか学校の管理運営面で少々まとまってない面もあるようでした。

 

ただしその分、新品の校舎や設備の快適さ、そしてスタッフの対応の良さで大きな不満にはなっていない模様です。
留学生はほとんどが日本人とのことですが、キャンパスに出れば地元学生と交流できるので、その点は安心材料の一つといえるでしょう。

 

確かにレッスン内容もまだまだ不明な点が多いですが、レッスン以外の学校運営状況も気になるところです。
どの程度サービスがしっかりしているかは今後わかってくることでしょうね。

 

セブボーディングハウス(ストーリーシェア)

セブボーディングハウスにはマンハッタン校とロンドン校の二つの校舎があり、いかにもアメリカやイギリスと関わりがあるかのようですが、これはただの名前で実際の経営者は日本人です。

 

どちらの校舎も2012年に開校したという、若い語学学校です。
規模としてはかなり小さいもので、マンハッタン校で定員は19名、ロンドン校は11名となっています。(要確認です。)

 

レッスンの特色は独自の「CLメソッド」。
これは文法の学習をしながらスピーキングとヒアリングを繰り返すというレッスン方法で、日本式に言えば実践と復習をレッスン時間中に繰り返して、英語を体に染み込ませるといった感じでしょうか。

 

また、音楽の授業があるのが特徴的です。
歌を通して発音とその歌詞の意味を学ぶと言うことですね。

 

学校のある場所は繁華街からやや離れた高級住宅街の中だそうです。
そのため、静かに勉強に集中できるとのこと。

 

ただし地元民がたくさん住んでいる住宅街なので、それなりの生活音(犬の鳴き声など)もするそうですが、それもまた一つの特徴的な味わいでしょうか。
味と言えば、食事がとてもおいしいという口コミもありました。

 

小規模の学校には小規模の、大規模の所には大規模なりの特徴があります。
自分にはどういった環境で勉強するのが合うのか、ある程度自分なりに考えをまとめてから、留学先を選ぶべきでしょう。

 

フィリピン留学セブ島にあるBaLIのブログでの口コミ評判は?

BaLI(Bali Grobal College)は、グローバルの名に相応しい、アメリカ、フィリピン、日本の合同資本による語学留学学校です。

 

この時点でかなりユニークですが、代表理事であるアメリカ人が米国心臓病学会正会員である心臓外科医であるというところが輪をかけて独特です。

 

これはアジアの心臓外科医を育成することに注力していた彼が、その英語力向上の必要性について痛感しているうちに、医師だけではない全てのアジア人のための語学学校設立に至った、とのことです。

 

他に現地にはフィリピン人のジェネラルマネージャー、日本人の留学マネージャーが在籍し、スタッフも国際色豊か。
そのせいか、集まる留学生もアジアを中心に世界各国から集まってきています。

 

また高い目的意識を持って集まってくる人が多いため、お互いに刺激を受けて大いに勉強が捗るという口コミがありました。

 

また別の口コミとしては、アメリカらしいというか、規則・校則の緩さをあげる人がいました。
ただしこれは、自分で自分のやる気やスケジュールをコントロールしなければならない、ということでもあります。

 

レッスン内容としてはそれなりにしっかりと勉強しないとついていけないレベルのものが多いとのことですから、やはり授業の予習・復習は必要です。
このあたりを自分でちゃんとやりきれる人であれば、この自由さはプラスに働くでしょう。

 

自分の意志の力をそれほど当てにできないと感じている方(私もそうですが)は、ある程度強制力の働くレッスンシステムを持つ学校がいいでしょう。

 

CAEAセブアメリカンイングリッシュアカデミーの口コミ評判は?

セブアメリカンイングリッシュアカデミーの口コミで印象的なのは、その食事内容の良さを高く評価しているものが多いということです。
それもそのはず、このセブアメリカンイングリッシュアカデミーの母胎は日本食レストラン付きホテルであるホテルアジアであり、英語学校はその一部門なのです。

 

従って留学生の宿泊先は当然このホテルであり、食事は毎日みんなで同じメニューではなく、レストランのメニューから自由に選べることが売りとなっています。

 

オーナーは日本人ですから日本食へのこだわりは相当のものらしく、フィリピン独自のメニューにおいても日本食の考えを取り入れて、時間をかけて味のレベルを向上させてきた実績があると言います。
英語学校運営にしても、ホテル経営と同様に留学生の不満やストレスをひとつひとつ解消するように工夫を重ねて現在にいたるそうです。

 

ということで、食事を中心とした環境面を評価する口コミが多いのですが、講師の質も含めたレッスン面も好評のようです。
ただし講師の定着率がやや悪そうなのが気になるという人もいました。
このあたりはセブ島にある小規模語学学校共通の悩みでもあるようです。

 

日本人にとっては、留学先といえども食事の質はとても重要な問題です。
腹が減っては英語の勉強はできぬ!といったところでしょうか。
そのあたりのリアルな評価は公式サイトなどだけを見ていてもなかなかわかりません。

 

また、口コミサイトも自分の身元がわかっている人が書いている場合は、悪いことはかけませんよね。

 

その他の情報を見つけるのは中々難しいですが、是非色々なところから情報を仕入れたいところです。

 

ファーストイングリッシュアカデミーの口コミ・評判は?

ファーストイングリッシュアカデミーは、フィリピンに語学留学するのならば個人的に一押しと思っている英会話学校です。
また、各種口コミサイトでの評判も、当然上々です。

 

その理由の第一としては、やはり安心の日本人経営であるということが上げられます。
いわばファーストイングリッシュアカデミーは、日本人による、日本人のための学校運営がなされているのです。

 

学習カリキュラムは当然、日本人向けに最適化されています。
そして環境面でも、運営会社はもともと日本で学習塾を経営しているところですので、もともと「学習に集中できる環境」を作るのは得意。

 

そこに日本人スタッフを配して、学習以外の様々な悩みにも手助けをしてくれるとのこと。
それからかなり食事に気を使っているのも特徴のようです。
やはり日本人にとっては「食」は基本ですからね。

留学の目的って?

さて、ここまで「日本人向け」を連呼すると、「外国まで留学に来ているのに意味がない」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
ですが、私たちが留学する目的、特に短期留学の目的はあくまでも英会話の習得であるはずです。

 

長期留学ならばその国の文化に触れることも大事な要素の一つですが、目的が英語を話せるようになることであれば、やはりそれに集中したいものです。

 

口コミ評価でも、その短期間に集中して学べる環境に対して高い評価が与えられています。
もちろん、女性が一人で来ても安心という点も好評です。

 

フィリピン留学セブ島ベイサイドイングリッシュRPCの口コミ評判は?

ベイサイドイングリッシュは広大な敷地面積を誇るのマクタンにある語学学校です。

 

インターナショナルスクールも併設されているというキャンパスは、なんと6500坪。
そのキャンパスの中も外も自然がいっぱいという環境です。
この広いキャンパス内には講師が住む寮もあり、構内を歩いていればレッスン時間外でも気楽に交流できるというのも、この学校の売りの一つのようです。(ただ、蚊が多いらしい。。)

 

経営者は日本人で、やはり外国人経営の学校と比べていろいろな意味で安心感があると思います。
事実生徒は日本人が大多数をしめるようです。(一部、韓国人が多いという口コミもありますが、これはきっとたまたまそう言う「タイミングだったということでしょう)
またそのせいか、家族みんなで留学という人も多いようで、インターナショナルスクールの生徒以外の子供たちの姿も、キャンパス内には多数見られるそうです。

 

授業内容は自由度が高いのが売りです。
自分でびっちりとレッスンを組み入れることもできますし、苦手分野を集中的に習うことも可能です。
ただしこれはサボろうと思えばいくらでもサボれるということで、意志が弱い方は要注意かもしれません。

 

やはり英語初心者にとっては、自分で勉強の内容からモチベーションまで全部コントロールするというのは難しい面もあるかもしれませんね。

 

ベイサイドイングリッシュはプレミアム校に比べて、こちらのRPC校は建物が古いと言われています。そのため、社会人などには不向きかもしれません。

 

価格が安いのにはわけがある場合がほとんどですので、予めその点を考慮してから留学に望まれるとよいでしょう。

 

フィリピン留学、セブボーディングハウスブルックリン校の口コミ評判は?

セブボーディングハウスブルックリン校の語学留学学校としての評判は良い、といった所でしょうか。

 

公式サイトによればNo.1の理由の第一として、独自の英語学習法であるサイクルラーニングメソッドの存在があるとのこと。
このメソッドは簡単に言えば、予習レッスン復習の基本的な学習サイクルを効率的に回すために授業そのものを復習として活用し、短期で英語上達をねらう方式のことらしいです。

 

確かに人間には忘却曲線というものがあり、一度覚えたことでも定期的に復習しないと時間が立つにつれすぐに忘れてしまいます。
とはいうものの、自分でそれをコントロールするのは至難の業。
レッスンの一環として講師からタイミングや内容について的確な指示があるならば、確かにかなり効果的な学習ができると思われます。

 

それでいて留学費用が、セブ留学で最安値ゾーンに入るそうです。
これならば確かに口コミ評価が高いというのもうなづけます。

 

でも「日本人講師が在籍して駐在」などと書いてある学校紹介があるのですが、タイミングによっては不在だったり、別料金でのレッスンだったりと、このあたりの情報の精度はあまり高くない印象もあります。

 

いろいろと状況が変わるのは仕方がない面もありますが、勉強する環境として譲れないラインというものが、みなさんそれぞれあると思います。
自分にとってのその譲れない条件はなんなのかを自分で確認し、事前に留学情報サイトで確かめてから留学先を選ぶようにしてください。

おすすめフィリピン留学情報サイト

関連ページ

MBA・3Dアカデミー
社会人専門の語学学校であるMBA(マスターオブビジネスイングリッシュアカデミー)。そのMBAの口コミや評判を集めました。
ベイサイドイングリッシュ
大人向けのリゾート型語学学校として有名なベイサイドイングリッシュ(Bayside Premium Resort)の口コミ・評判とは?
FEAセブシティ校
セブでも有数の優良語学学校として有名なFEA(ファーストウェルネスイングリッシュアカデミー)。そのFEAの口コミや評判についてまとめました。
サウスピーク
日常英会話コースと、TOEIC対策コースがあるフィリピン留学語学留学校のサウスピーク。そのサウスピークに関する口コミ評判はどのようなものがあるのか?
QQイングリッシュ
日本人経営の語学学校として有名なフィリピン留学カランメソッドのQQ English(QQイングリッシュ)の口コミ評判は?
ネクシード
オープンクラス型の語学学校の一つであるネクシード(Nexseed)。そのネクシードの口コミ評判にはどのようなものがあるのか?
FEAのマクタンプレミアム校の口コミ・評判
プレミアムなサービスには定評があるFEAのマクタンプレミアム校の口コミ評判は?レッスンの質やカリキュラムは?
ブリリアントセブの口コミ・評判
フィリピン留学、セブ島の語学学校ブリリアントセブの口コミ評判は?高級な宿泊施設がうりと言われているけれど実際はどうなのか?
IDEA CEBUの口コミ・評判
フィリピン留学の語学学校の一つであるIDEA CEBU。そのIDEA CEBUの口コミや評判にはどのようなものがあるのか?
NILS(ニルス)
日本人経営のフィリピン政府認定語学学校NILS(ニルス)。そのNILSの口コミや評判にはどのようなものがあるか?