CELI:Cleverlearnへの1ヶ月のフィリピン英語留学体験談

DMEメソッドの主な口コミ評判をまとめました みんなのフィリピン留学体験談

フィリピン南国リゾート地での留学体験

名前:erina

年齢:26歳

職業:専業主婦

通われた学校:CELI:Cleverlearn

滞在期間:1ヶ月

1,フィリピン留学をしようと思ったきっかけを教えて下さい。

フィリピンに留学しようと思ったきっかけは英語力をつけようと思ったからです。

半年間ほどかけて世界一周をしようと計画していた時に語学力を付けたいと思い、留学を視野に考えていた時にフィリピン留学のサイトに出逢い、アメリカやカナダに留学するよりもフィリピン留学の方が格安で留学できるのでフィリピン留学に決めました。

2,その語学学校に決めた理由は?

フィリピンの学校は、日本資本、韓国資本の学校が多く、そういう学校には日本人や韓国人しかほとんどいなかったという様な体験談などを目にしました。

私が通ったCELIはアメリカ資本の学校でベトナムやアフリカ、ロシア等の人が通っていて多国籍な学校だったというのがその学校に決めた一番の理由です。

また、大人数のマンモス校よりも少人数でアットホーム、スパルタよりもマイペースで学べるところ等、私の希望にぴったりだったのでCELIに決めました。

3,留学前に準備していたこと&準備しておけばよかったことはありますか?

留学前に準備していたことは翻訳機を念の為準備していました。授業中も翻訳機を使っていたので持っていって良かったと思います。

準備しておけば良かったものは、特にないです。最初のオリエンテーションの時に近くのショッピングモールみたいな所に連れていってくれるので、大概のものはその場所で日本よりも安くそろいます。ただペンやノートなどは日本のものの方が質が良いので書きやすさ等は断然日本のものの方が良いです。

また、慣れない土地で体調が崩れることもあるので、簡単な風邪薬等は日本から必ず準備して持っていった方が良いと思います。

勉強面では、やはり英語の簡単な復習などをしておいた方が良かったなと思いました。

韓国人や他の国の人はある程度喋れて来るイメージが強いのですが、日本人の方がまったく喋れないけど来ました というイメージが強く私も英語はほとんど喋れずに行ったので行ってから日本で復習してくれば良かったと強く感じました。

4,その語学学校の授業内容(カリキュラムや教師の質)はどうでしたか?

授業内容はとても良かったと思います。

ただ、教師の質はばらつきがあったと思います。フィリピン人はとても陽気で明るい人が多く楽しいのですが、陽気すぎて、あれ?授業は?ということが一度だけありました。

私たちはお金を払って英語を学びに来ているのできちんと、授業は授業で行ってほしいなと感じました。

ただ、その陽気さで楽しく授業できたのも事実です。

フィリピンでは男よりも女の方が働き物 と言われているらしです。その通りで先生達も女性の方の方が教え方上手な先生が多かったように感じました。

5,最もためになった授業と、為にならなかった授業は何ですか?

最もためになった授業はやはりマンツーマンでの授業です。

私のレベルに合わせて先生が授業を行ってくれるので、勉強をしやすかったですし、先生ともコミュニケーションを取りやすかったです。

為にならなかった授業は8人のグループ授業です。

レベルによって8人授業のグループが何個かあるのですが、私は何故が一番高いレベルに入れられました。

レベルが高いのでついていくことができず、授業に出るのも嫌になったので、先生に相談し、8人グループの授業の時間をマンツーマンの授業に交換してもらい、マンツーマンの授業を増やしました。

5,その語学学校の宿泊施設の質は?

CELIの宿泊施設は部屋が3パターン有り、個室、2人部屋、4人部屋もあります。

私は4人部屋に宿泊しました。二段ベッドが2つ、大きいテーブルが1つ、テレビがあり、シャワールームとトイレは別々にあります。

毎日ハウスキーパーが掃除をしに来てくれるので清潔に保たれます。

広くはなく狭くもなく、ちょうどいいサイズ感の部屋で良かったと思います。

ただ、4人部屋だと勉強するスペースがあまりなく、部屋のルームメイトにも気を使うので夜の勉強は実習室を使っていました。

6,学校で出される食事内容はいかがでしたか?

食事内容は、微妙でした。当たり外れが激しかったと思います。

日本の様に美味しい食事を期待するのはやはり難しいと思います。

ただ、食べれない事はなく、三食の中では朝ご飯が一番美味しかったと思います。毎食違うものが出るのでバリエーションは豊富です。

7,その語学学校の最大のメリットとデメリットは?

最大のメリットはやはり多国籍なことだと思います。

色々な国の人がいるのでその国の習慣も知れるし、色々な国に友達ができる、日本人だけじゃないので英語を使う機会が自然と増えるので英語に対する抵抗感が自然になくなりました。また色々な話しをしたいと思うので、文法等は間違っても良いからとりあえず英語を使う→通じる→嬉しい!もっと話したい!というループができ、英語の勉強もはかどり楽しくできることができました。

またフィリピンのセブ島で食堂のテラスからは海も見れるのんびりとした場所だったのも良かったと思います。

デメリットは学校の規則がほとんどなくゆるかったことです。スパルタ校などは一日の勉強時間が9時間、平日は外出禁止、土日でも6時までという厳しいところもあります。

Celiにはそんな厳しい規則はありません。平日でも門限もなく、土日は完全に自由、学校でお酒も販売しているので学校内のテラスでお酒も飲めちゃいます。自由なところは凄く良いところなのですが、やはり一歩間違ってしまうと遊びに走ってしまって勉強が疎かになってしまうこともあるので、自分の責任次第で英語力なんて取得しなかった!なんてこともあり得ると思います。

8,その他何か、通われた語学学校でエピソードがあれば教えてください。

ちょうどハロウィーンの時期だったのでハロウィーンパーティーをしました。

先生達や生徒達みんなで本格的なコスプレをしました。

初めてのハロウィーンパーティーだったのでとても楽しかったです。

9,最後にフィリピン留学を成功させるコツは、どんなところにあると思いますか?

フィリピン留学を成功させるコツ、それは学校選びなども勿論あると思いますが、やはり沢山の外国人の友達を作ることだと思います。

日本人ばかりと話さずに、外国人の友達を作ることで英語にをより身近なものにできると思います。

せっかくお金を出して留学するのだから自分自身を成長させて日本に帰ってきて欲しいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました