フィリピン留学における学校の特徴とは、何でしょうか?

フィリピン留学校の特徴

フィリピン留学で英語を学べる学校の特徴についてご紹介します。

 

英語学校は、アメリカ、カナダやオーストラリアにもたくさんあり、日本からの留学生を受け入れていますが、フィリピン留学における学校との違いや特徴は何でしょうか?

 

最大の特徴としては、マンツーマンでの授業が充実していることがあげられます。先生とマンツーマンで授業を受けられる時間数が他の外国の学校と比べて、圧倒的に多いのです。

 

グループ学習とマンツーマン授業とを組み合わせて、授業を行っている学校がほとんどですが、マンツーマン授業の比率が他の外国と比べて高いということは、生徒個人の目的に合わせた授業が行えることになり、英語を習得するための効果が最大に発揮されると言えるでしょう。

 

マンツーマン授業が多い、ということは学校の授業料は非常に高くなってしまうと心配されるかもしれません。
しかし、フィリピン留学では、他の外国と比べて人件費を低くおさえられることから、トータルでの授業料が安くなることになり、結果として他の外国と比べ安いコストでフィリピン留学ができる、という特徴があげられます。

 

フィリピンは、日本から4時間程度で行けることもあり、たくさんの日本人がフィリピン留学に参加しています。
ここでご紹介したように、フィリピン留学には、授業料が安いにもかかわらず、効果的に英語を習得できるという特徴があります。

フィリピン留学での学校の評判は、どうなんでしょうか?

フィリピン留学で気になるのは、やっぱり学校の評判ですよね。
格安とは言いながら、大金をはたいてフィリピン留学することには間違いありません。

 

それぞれの学校の評判を、しかもリアルな情報を得ておきたいところです。
これも実際にフィリピン留学を体験した人たちは、どのような評価をしているのでしょうか?

 

学校の評判には、いくつかの評価項目があるようです。そのいくつかをご紹介しましょう。

 

まずは、先生の質・レベルがあげられます。英語の教授法をきちんと踏まえた上で、授業を行っているかは非常に大事です。
生徒のスキルを把握した上でば生徒のスキルをいかに伸ばすかを踏まえたレッスンを行っているかがポイントとなります。

 

次に食事の質と続きますが、どのような料理が提供されるかも見逃せないポイントとなりますよね。

 

さらに、日本人マネージャーが駐在しているか、親切に生徒からの相談や要望を拾いあげてくれるのかも評価項目にあげられます。

 

ネイティブ講師の有無、TOEICやTOEFLのための対策授業は行われているかも要チェックですよね。

 

中には、先生と共同生活ができるか?といったものも評判のひとつにあげている方がいました。
これについては、人それぞれの好みと言ったところでしょうか。

 

いずれにしても、フィリピン留学の目的や評価項目は、人によって異なるところ。
フィリピン留学で失敗したくないからこそ、じっくりと各学校の特徴や評判を事前に調べておき、ベストだと思える学校を選びたいものです。

 

おすすめフィリピン留学情報サイト