フィリピン留学に出発前は、英語能力が中学生レベルの方も多いようです。また、それすらも危うい方もおられるでしょう。ただ、フィリピンに行ってしまえば留学先の学校では、周りの方々や先生が留学された生徒さんと根気強く会話をしてくださるので、必然的に英語を喋らざるえないその状況では、自然と感覚的に英語がコミュニケーションツールとして身について来るのがフィリピン留学の強みです。

 

ですが、英語を習得するにあたって其々の方が其々違う滞在期間内での習得密度となります。結果一定の期間において英会話能力の差が生じることも必然となります。

 

短期間の滞在となりますと、やはり事前の留学前の勉強が重要となります。
基本的に留学で得られる効率的な習得効果は、実践におけるアウトプットの頻度が日本にいる時の日常より飛躍的に上がる事があります。

 

ですから、まず最低限のインプットをする事をお勧めします。中学程度の文法を習得したり復習をして、単語も日常で必要であろう数は、最低限覚えておくと良いでしょう。

 

短期の留学である場合、更に留学前の勉強は大切となります。現地で先ず相手が何をいっているかのヒアリングを理解するにも最低限の文法と単語は習得しておきましょうね。

 

中には、半年以上の滞在で中学レベルから必要十分な英会話能力を得られた方もおりますが、それでも一日の勉強時間は平均10時間かけていたりします。この場合自習であるインプットを現地の充実した環境の下しっかりしつつ、日常の会話ではアウトププットをしっかりやり、密度ある効率的な勉強法を毎日続けて実践していくと言うことになります。

 

自分自身の滞在期間を踏まえて、基本となる必要な英語力は身につけておきましょう。

 

ある程度英会話のベースが出来ている方は、現在様々な英会話教材や施設がありますので、短い間でも利用し実践を経験されていても良いかもしれませんね、現地でのアウトプットとなる日常会話を少しでも経験しておくとフィリピン留学先で更に大きな収穫を得る事となるでしょう。

おすすめフィリピン留学情報サイト