シニア英語留学先:「セブ島」の特徴・費用・評判・口コミ

シニア留学先、国別比較

シニア英語留学というと、やはりのんびりと英語を勉強していきたいという方も多く、そのためか昔からハワイはかなりの人気を誇っています。

しかし近年その傾向も変わりつつあり、こういったシニア世代が今注目しているのはなんとフィリピンにあるセブ島なのです。

東南アジアの国のひとつであるフィリピンが、どうして英語留学の地として選ばれるようになってきているのでしょうか。
フィリピン人は英語がとてもうまい

そもそもフィリピンではアメリカによる植民地時代の影響から流暢なアメリカ英語が話されています。

そのため数々の島から成るフィリピンですが、留学先として様々な都市が選ばれています。

その中でも圧倒的に人気が高いのがセブ島と言えます。

セブ島と言えば世界有数のリゾート地。

そんな環境で優雅に過ごしながら英語を学ぶ、シニア世代にとってはとても魅力的な留学スタイルかもしれませんね。

セブ島はリゾート地ということもあり他のフィリピンの都市と比べると若干物価は高いのですが、それでも日本人にとっては格安で留学できる地です。

口コミ体験談などを見てみましても、老後は様々な国に旅行したい、ロングステイを考えているという方も多く、そんな方たちにとって格安で留学できるセブ島は魅力的であることがわかります。

また基本的にどこの学校もマンツーマンレッスンを行っているから、グループについていけないのでは?などといった不安もないと好評であるようです。

きっちり英語を勉強しつつ、リゾートやアクティビティを満喫したい、そんなときにはセブ島がおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました