フィリピンへ留学してコーヒーと英語を学んできました

フィリピン留学体験ブログ フィリピン語学留学に関するブログコラム

私は中国地方の岡山県に住んでいる30代の男性です。私には妻と子供達との5人家族で暮らしています。現在は私は公務員として働いているので英語とはあまり関係のない仕事ですが、大学生時代には外国語学部に所属しており、4年間英語の勉強を頑張ってきました。

その中で、何度か海外への語学留学を経験したのですが、今回はフィリピンに語学留学をした時の事をお話しようと思います。

私がフィリピンに語学留学をしたのは、大学三年の時でした。それまでオーストラリアやニュージーランド、アメリカなどのいわゆる英語圏にはなんどか語学留学をした経験があったのですが、フィリピンは初めてでしかも治安や経済の面でどういったところだろうと不安もありました。

そんなこともあったので、日本を離れる前は特に緊張して前日は眠れないくらいでした。

しかし、実際に現地に行ってみてそんな不安はすぐに消えました。現地の人は皆親切で会話も現地の方同士では母国語であるフィリピン語を話すのでしょうが、基本的に私たちのようなものには英語で話してくれました。また、英語の浸透率も高く、子供からお年寄りまで流暢な英語を話していました。

私は現地では日中は語学学校へ通い、学校が終わるとホームステイ先に帰るというような毎日でした。オーストラリアやニュージーランドであれば終わればよくバーベキューなんかをしていたのですが、フィリピンではそういった施設はあまりなく、どちらかといえば屋台のようなところで食べ物を買って道端やベンチで食べるといった縁日のようなことが、多かったです。

最初はそれこそ人がごった返していたのでスリや強盗なんかを警戒していたのですが、国民性は非常に穏やかな人が多く、私のような日本人でもすぐに打ち解けて話をしてくれました。

私は語学学校で知り合ったアメリカ人の友人とよく外食をしていたのですが、そこでも多くの現地の方と知り合いになりました。

彼らの多くはフィリピンではそうとうの名士であったためか身なりも綺麗で様々なジャンルのことに精通していました。

そして、フィリピン人の多くは日本への憧れを持っていることを教えてもらいました。

また、フィリピンには様々な民族がいて、皆それぞれの文化を大切にしているといことも教えてくれました。

オーストラリアやニュージーランドのような海で遊んだり、バーベキューしたりといったことは無かったのですが、私はフィリピンで語学留学をしたことで世界にはやはり色々な民族が、色々な文化を持って暮らしているのだなと改めて感じました。

皆さんも機会があれば是非一度フィリピンを訪れてはどうでしょうか

タイトルとURLをコピーしました