英語科のフィリピン留学は、文化の違いを勉強する機会にもなる

フィリピン留学体験ブログ フィリピン語学留学に関するブログコラム

私は、短大の時に、指定の寮に住んでいました。食事はみんな一緒で、他の科の学生とも交流がありました。中に、英語科の学生がいて、フィリピン留学の話を聞いたことがありました。2週間の短期留学でした。

英語科の全員が、留学するのではなく、希望者が、留学に向けて勉強し、出発するものでした。その学生は、入学時から希望していたので、とても楽しめたそうです。

短大は、ミッションスクールだったので、その交流のある子供の施設へ、文化交流もスケジュールに組まれていました。難しい会話をするわけでもなく、日本からの文房具のお土産を持って、子供達とリクレーションしてきたそうです。

貧しい村の子供達もいて、日本では見ないような光景に、驚いたそうです。テレビで見るフィリピンは、都市部は車が通り、お店も並んでいる街になっています。でも、写真には、留学で行った施設の周辺に、ヤシの葉を組んで作ったような小さな家が写っていました。学校に裸足で歩いてくる子供がいたり、言葉以外に、大きな文化の違いがあり、それに対応するのも大変だったそうです。

言葉は、通訳の方がついていてくれて、分からない時に訳してくれるのですが、日本はこういう国だと話す時に、子供達に嫌な思いをさせたりしないように、楽しく過ごせるように配慮した言葉を選ぶことも、気を遣ったと聞きました。

言語学習として、留学したのに、ボランティア留学のようなスケジュールで、短期的な留学の難しさを感じたようです。でも、英語に関する興味は、留学したことで、さらに大きくなり、英語を活かせる仕事に就きたい!と話していました。

留学の経験は、就職にも有利なので、フィリピンに行って良かったと話してくれました。フィリピンは、日本人に対して、友好的に接してくれる点でも、安心できます。多くの企業がフィリピンに進出していることもあって、日本に対していいイメージがあるようです。

フィリピン留学は、短大の指定留学先になっていました。個人的に留学するよりも、宿泊先や食事の手配など、学校がすべて手配してくれていたので、とても安心して留学することができたそうです。自分で全て手配するのは大変です。インターネットでの予約で全て手配するのは、トラブルの原因にもなります。

「留学先が指定されていることで、安心して現地の方と交流でき、勉強もできる」と、友人は話してくれました。私は、もっと都会的な国の方が良かったのでは?と思いましたが、そういうものではないのだそうです。現地の言語と触れる回数は、どこの国でも同じなのかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました