日本から飛行機で5時間で行けるフィリピン留学について

フィリピン留学体験ブログ フィリピン語学留学に関するブログコラム

フィリピンは、日本から近い場所にあります。日本からの直行便で5時間で到着します。温暖な気候で、日本との時差は1時間ほどです。世界有数のリゾート地として人気があるセブ島もあり、きれいな空と海に囲まれた島がたくさん集まっている国です。

フィリピン留学は、英語を学ぶのに人気が出ています。物価が日本に比べて三分の一と安いので、留学費用を安く済ませることができます。そして、人件費も安いことから、少人数制のグループレッスンやマンツーマンのレッスンで英語をしっかり学ぶことができます。先生の英語の能力や質は、とても優れています。

フィリピンは英語に力を入れている国なので、先生はきれいな聞き取りやすい英語を話します。それは、教師という職業が人気があるためです。プロ意識が強いために、生徒が英語を話せるように聞き取れるように、熱心に指導をしてくれるので、どんどん英会話が上達していきます。

フィリピン人は、第二言語として英語を習得しています。英語につまずくところや悩むところがわかるので、よりよいアドバイスをしてもらうことができます。

フィリピン内には、海外企業のコールセンターが進出しています。フィリピンのきれいな発音の英語が認められている証拠です。英会話では、まず聞き取りやすい英語を聞くことが大切です。英語を聞き取れる能力を身に着けてから、なまりのある英語に挑戦していくと、英会話の能力が伸びていきます。

マンツーマンのレッスンのいいところは、それぞれに合わせたレベルでレッスンを進められるところにあります。初心者から上級者まで様々なレベルが用意されています。フィリピン内には、多くの語学学校があります。学校によって特色が違うので、自分の学びたい英語に合わせて学校を選ぶことが可能です。

留学の準備は、早くから始めることが大切です。留学の半年前には、留学の日程や学校選び、予算の見積もりを作成したりして、どんどん留学の情報を集めていきます。パスポートの手続きもしておきます。

留学の3ヵ月前には、留学のプログラムの申し込みや費用の入金、航空券や留学時の保険の申し込みをします。保険は、留学時に病院へかかったときに、診療費を全額支払いになると大きな負担になるので、入っておく必要があります。

2週間前には、留学の荷物の準備を行います。洋服などは現地で購入できるので、最小限にしておくと荷物が減ります。入学許可書など必要なものをきちんと確認しておきます。

留学前には、基礎的な英語や英単語は勉強してから出発すると、留学中の勉強がどんどん進みます。

タイトルとURLをコピーしました