フィリピン語学留学でのキャッシュカード、クレジットカード選び

クレジットカード フィリピン留学の概要

皆さんは海外に行かれるとき、現地の現金はどうやって入手していますか?

日本円を成田空港で両替する人もいれば、現地の両替所で両替する人もいますよね。

でも、ちょっと待って下さい。現地で必要なお金全部を持って歩くのは危険です!海外は日本みたいに大金を持ってフラフラするのは安全ではありません。

必要なときにだけ必要なぶんだけATMから現地通貨を引き下ろす。これがスマートで安全、しかもお得です!

私のおすすめはクレジットカード(キャッシング機付)と銀行発行のデビットカードです。1枚ずつ持っていれば安心でしょう。デビットカードでキャッシュカード代わりにします。

まず、クレジットカード。これが一番のオススメです。VISAかMasterならなんでもオッケーです。(海外旅行保険を気にしない場合ですが)

大抵の場合、キャッシング金利が18%で高いと思うかもしれませんが、実はこれ、海外でのキャッシングに限って言えばとても良心的なんです。

キャッシングしてから仮に30日後に返済するとします。すると年利18%×(30日/365)で約1.5%の金利しか付かないんです。普通に両替しても同じくらいかかります。(両替する機関によってはもっと高くなることも)

ATMでキャッシングするだけで、大金を持ち歩くリスクを回避できます。必要な分だけその都度おろすので、帰国直前に現地通貨が余ったから日本円に再両替したり現地で不必要なものを買ったりという無駄がなくなります。

なお、学生の方はクレジットカードにキャッシング機能を付けられないことが多いと思います。なぜなら、学生にはきちんと返済するという信用があまりないからです。

でも大丈夫。たいていのクレジットカードには家族カードを発行することができます。親御さんのクレジットカードから家族カードを発行し、カード本会員であるお父さんやお母さんの信用力でキャッシングすることができるのです。

肝心のキャッシュカードでのおすすめは、手数料や使いやすさの点から考えると新生銀行やシティバンクです。

デビットカードならりそな銀行が手数料が安いのでおすすめでしょう。

いずれにしても作るまでに2週間~1ヶ月程度かかります。お早めに申込をしましょう。

タイトルとURLをコピーしました