フィリピン留学中に覚えておくと便利な英会話集(基本)

便利!英会話 フィリピン留学の概要

留学中に覚えておくと便利な英会話集(基本)

留学前に覚えておくと便利な英会話集です。

どのセンテンスも応用すれば様々な場面で使えるものばかりです。

また、英語に慣れないうちは単語で会話を済ましてしまうことが多いかと思います。

どんな時でもセンテンスで気持ちを伝えるくせをつけましょう。

そしてどんどん使って自然に言えるようになるとかっこいいですよ!

先生への自己紹介

入学して最初にする事といえば自己紹介です。

先生から”自己紹介してください”と言われることはほぼ間違いないでしょう。

事前に用意しておいて無駄ではない事と思います。

簡単なフレーズで問題ないので綺麗な発音で自信を持って言えるように用意をしましょう。

・自己紹介の出だし

How are you doing I am —,very nice to meet you.

<元気ですか?私は~と申します。お会いできてとてもうれしいです>

まずは挨拶、そして名前を言うとこなれた感がでます。

・留学の目的を言ってみましょう

My purpose of studying abroad is to improve my English skill for my job.

<留学の目的は、仕事のために英語のスキルを伸ばすことです。>

具体的にどんな時に英語が必要なのか、何ができるようになりたいのかを説明できるようにしておくと授業がより有益なものになるでしょう。

例:for daily conversation(日常会話), for global telephone conferrence(グローバル電話会議),to write business E-Mail(ビジネスのEメール)

・仕事内容を説明してみましょう

I’m working in the IT industry.
<私はIT業界で仕事をしています>

I’m a college student. My major is science.

<私は大学生です。専攻は科学です>

仕事(専攻)の業界を説明しておくと、先生が実用的な英語の記事を選んで授業に使ってくれることもあります。

実際に読む必要がある文献などを持参してもいいでしょう。

先生へのお願い

・授業が早くてわからない時

I could not catch what you said.Could you repeat that again?

<今おっしゃったことがわかりませんでした。もう一度言ってください。>

Hold on a moment. It’s not clear what you explain just now.

<少し待ってください。今説明してくださったことが理解できませんでした>

分からないまま授業が進んでしまうと時間の無駄になりまねません。

分からない時はすぐに伝えましょう。

そのほうが先生もご自身も安心して授業を進めることができます。

・感謝の言葉

This class’s contents was very useful. I will use this from today.

<今回の授業内容はとても便利なものでした。今日から使いますね。>

授業も人と人とのつながりから成り立っています。

感謝の気持ちはその都度伝えると先生もより一生懸命教えてくれることでしょう。

レストランにて

学校以外でも英語をどんどん使いましょう!

ここでも単語ではなくセンテンスでコミュニケーションすることを意識しましょう。

・オーダーの仕方

I would like to have this.

<これください。>

メニューに迷っているとき”I would like to have ”部分をゆっくり言うと時間稼ぎにもなりますよ!

・来た料理が間違っていた場合

This is not my order(I did not order this),Could you check again?

<これは私が頼んだものではありません。確認してくださいますか?>

海外ではよくあることですが、あきらめないで主張しましょう!

・食事後

It was very tasty(delicious). I will come back soon.

<とてもおいしかったです。またすぐきますね。>

フィリピンの方はとても人懐っこい性格ですので、積極的にコミュニケーションとってみましょう。

現地の方とのふれあいは、英語はもちろん素敵な国際交流となるでしょう。

道に迷ったとき

・迷った時

I lost my way to this restaurant,please help me.

<このレストランまでの道で迷ってしまいました。助けてください。>

Where is this restaurant, How can I get there?

<このレストランはどこですか?どのようにたどり着けますか?>

道に迷ったときは丁寧に聞けば教えてもらえる確率もあがりますよ!

・感謝の言葉

I really appreciated your help. It was very helpful for me.

<助けてくださって、とても感謝しています。助かりました。>

感謝の言葉は忘れずに!

クラブにて

・踊っているときしつこい人がいたら

Please don’t touch me. Keep your hands off me.

<触らないでください。私から手を離してください>

このような時は、無言でさりげなく逃げるのもいいと思います。

危険なので、間違えても映画のようなFワード(汚い英語)を使わないようにしてください。

・友達ができたら

Let’s hang out again.

<また飲もう(遊ぼう)!>

とてもナチュラルな表現です。

ちなみに似ている表現で”hangout”は”行きつけの場所”という名詞になります。

・列に割り込まれたら

It’s my turn. (we are in the queue )can you queue up

<私の番です(私たちは並んでいます)並んでくれますか?>

タイトルとURLをコピーしました